ブスの条件を見直して綺麗な心をもちましょう

ブスというのは外見が悪いからブスというわけでもないことを知っていますか?

どれだけきれいに着飾っていても、心が汚いとブスに見えてしまうことがあります。

また容姿があまりよくなくても心が綺麗だと、とても魅力的に映ることもあります。

以下は宝塚で言われているブスの条件のうちの一部になります。

いつも仏頂面をしていて笑わない人というのは、綺麗な顔をしていても可愛らしさに欠けます。また怒っていると誤解を招くこともあります。

元気のない人も顔がよくても暗い印象を与えることもあります。

ありがとうを言えない人は、何事も当たり前だと思ってはいませんか?

例えそう思っていなくてもありがとうをきちんと言えないと「あの人は礼儀がなっていない」と思われることもあります。

食べ物に対しても同じです。食べ物は勝手に出来上がるものではありません、農家の人たちのがんばりや料理を作ってくれる人がいることを忘れてはいけません。

何でも人のせいにするなど自分の悪いところを認められない人、何に対してもネガティブに考える人、努力を怠る人は心を醜くしていくと言われています。

見た目の容姿だけを磨くのではなく心も綺麗にして本当の美人になりましょう。