生活する場所を変えてみるのもひとつの方法

解離性障害とは、何をしたらいいのだろうとやるべきことがわからなくなったり、私はどうするべきなのかと悩み、激しく葛藤する症状が出ます。

それから、自分は何者なのかと自分を疑ってしまいます。

このような症状を発症してしまう裏には、辛い経験が隠されていることがほとんどです。

例えば、親から虐待を受けていて、そこからどうしていけばいいのかわからなくなってしまった場合や、暴言などで自分の人格を否定された場合などにこのような症状が出ます。

また、上記のことや、その他嫌な経験をしたことでトラウマを抱えてしまったり、ストレスを感じてしまった場合も解離性障害を発症してしまうことがあります。

解離性障害を発症しないようにするには、ストレスなどの心を痛める、圧迫する原因を取り除くことです。

悩み事は隠さずに相談しましょう。

それから、危険な体験や嫌なことを自分の中に溜め込まず吐き出せるようにしてください。

そのためには誰でもいいので、安心できる人を作るといいでしょう。

対人関係のトラブルだと人を信用できなくなることもあります。

そのような場合は、ペットなどの人間以外の生き物と共に生活をするのも心を安らげてくれるそうです。

それから自分が落ち着いて過ごせる環境も必要です。

もし、今の生活拠点が貴方にとって不都合なことが多い場所なら、生活する場所を変えてみるのもひとつの方法です。