急性中耳炎にはなぜなるのか

急性中耳炎とは、耳の中耳の部分に炎症が起こる病気のことをいいます。

おおよその原因はインフルエンザになったときに、そのインフルエンザの菌が入ってしまったり、なんらかのウイルスから感染して中耳炎になるようです。

最近はインフルエンザの質が悪くなっていて、インフルエンザの菌も強くなっているそうなので、気をつけてください。

中耳炎の主な症状は、耳が痛むことです。

痛みの程度は人によって違います。

また耳が詰まっているような感じもします。これは耳閉感といいます。

大人は耳が痛み出してから、発熱に繋がることがほとんどですが、子どもの場合は耳が痛むことなく発熱に至るケースも多いと言われています。

中耳炎を予防するには、インフルエンザや風邪の菌が入らないようにすることです。

中耳炎はインフルエンザや風邪の合併症でもあるので、まずは風邪をひかないように体調を整えることが先決です。

規則正しい生活を送ることで体調が改善されます。

疲れやバランスの悪い生活は身体に毒だと昔から考えられています。

またもし風邪をひいてしまったら、鼻が汚れているのは中耳炎のもとになるので、鼻をきれいにするようにすると中耳炎の予防になるそうです。

また、インフルエンザは予防接種によって防ぐことができます。